日暮れ時のスケッチブック

透明水彩などを使って絵を描いたり、アナログ画材について語ったりします。

今日の愚痴

自分で描いた絵を破きたくなる衝動に駆られます。

気を抜くと以前描いた着色済みの絵さえも破り捨てて何も無かった事にしてくなります。

 

情けない自分の絵を直視するのが辛く、その絵が存在している事が堪えきれない。

 

もうすぐ12月が終わろうとしているのに、自分は何をやっているのだろうか。

なぜこんなにも下手なままなのだろうか。

 

絵を描き始めた頃の絵と比較しても、まったく上手くなった気はしない。

それどころか、同じような絵を描き続けている気さえする。