日暮れ時のスケッチブック

透明水彩などを使って絵を描いたり、アナログ画材について語ったりします。

三原色で描く

 透明水彩で描くようになってから、三原色で描く事が多くなりました。

 色鉛筆を使っていた頃は、とにかく色々な色を混ぜる事で、色に深みを持たせようとしていたのですが、透明水彩では三原色を強く意識して塗っています。

 

 昔の絵ですが、このようにシアンだけで濃淡を表して、

(この一色のみで塗った色合いも好きだったりします。一色のみだと透明水彩は透き通った色で、素敵ですよね。)

f:id:hkre:20170208143414j:plain

 

 

 次にイエローを塗っていきます。

f:id:hkre:20170208143610j:plain

 

 

 次は更に上からマゼンタを重ねていきます。

f:id:hkre:20170208143710j:plain

 

 CMYが揃って、全体の色が明確になっていきます。

 この過程が三原色描きのとても楽しいところで、段々と絵が色付いていくところがとても面白いのです。

 

 

 そして最後に足りない色(CMY)をまた上から塗り重ねていって、色に深みを持たせていきます。

f:id:hkre:20170208144050j:plain

 

 

 絵自体は首を細くしすぎたり(これは意図的にですが)、色々と駄目なところが目立っているのですが、それでも私は気に入っている絵だったりします。

 やっぱり案の定というかTwitterではあまり評判がよくありませんでしたw

 

 私が割と気に入る絵は、Twitterで基本的にウケが悪いジレンマです。