日暮れ時のスケッチブック

透明水彩などを使って絵を描いたり、アナログ画材について語ったりします。

お絵かき2年の成果

 今月の三月一日をもってして、お絵かき暦3年目に突入しました。

 

 私がお絵かきを始めてからもう2年、月日が経つのは早いものです。
 最初はもっとハイペースで上達していく予定だったのですが、蓋を開けてみればとてもスローペースになってしまいました。

 

 私にもう少し集中力があれば、結果は変わっていたと思うので、残念で仕方がありません。
 とはいえ、2年間同じことに取り込み続けてこれたことは確かで、続けてきた事に対する効果は、僅かですが確実に見受けられます。

 


 一番大きな成果は、当初掲げていた目標のひとつである「人に見える何か」をラフでも描けるようになったことです。


 何度も描きなおし、修正に修正を重ねてペン入れして描くのではなく、ラフとして立ち絵を描けるようになったことは、小さいですが大きな一歩です。

 

※参考画像です

f:id:hkre:20170318020421j:plain

f:id:hkre:20170318020429j:plain

 

 

 ラフで人を描く為には、ある程度の基礎と、誤魔化しの技術がないと描けません。


 そして誤魔化しはある程度絵に慣れないと、そんな余裕は生まれませんから、それだけ絵を描く行為に慣れたということです。

 同時に人体の大まかなイメージが頭の中に形成されかけている事も意味しています。

 


 これはとても大切な事で、絵を学ぶ上での最低限の基礎だと思うのですね。


 骨にしても、筋肉にしても、パースにしても重心にしても、何を学ぶにしても、人の大まかな形を頭の中でイメージできていないと、学習する事ができません。

 

 今までは個別のパーツとして、バラバラにしか学べていなかった事が、これからは人体のどの部分を学んでいるのか、全体像を意識しながら学ぶことができるんです。

 

 


 つまり、絵の基礎を勉強する為に必要な、最低限の基礎、絵を学ぶ為の準備が終わったんです。


 これによって、今後は絵の勉強ができるようになります。
 絵の勉強を始められるところまで、2年掛けてやっと辿り着きました。

 

 


 遅い。余りにも遅いペースです。
 それでもここまでは何とか漕ぎ着けました。
 後は勉強していき、絵を上手くしていくのみです。やっと前に進む準備ができたのです。

 


 今後は更に難易度も上がり、成長ペースが更に落ちていくとは思いますが、最初の一歩を踏み出す事ができるようになったのに、踏み出さない手はありません。

 


 どんなに長い道も、まずは一歩から。

 その一歩を、今年は歩んでいきたいです。